紫陽花の剪定をしました

あじさい

あじさいの剪定は花後すぐに

うちのアパートにはちいちゃい庭がついていて、紫陽花の鉢植えがおいてあります。
父が挿し木で増やしたものを、分けてもらいました。(おとうちゃんの庭いじりは年季がはいっている)
アジサイは花の見頃がおわったら、なるべく早く剪定した方が良いとのこと。
花ガラを放っておくと、実や種をつくるのにエネルギーを使ってしまって、翌年の花付きがわるくなるそうです。
梅雨の晴れ間。数時間だけお日さんがでてたので、チョキチョキと剪定してみました。

葉っぱが太陽に照らされてキラキラしてる

紫陽花の剪定のポイント

あじさいは新しい枝がでて、翌年その枝の先に花がつくとのこと。
つまり、新芽から花が咲くまで2年かかります。
そのことを見越して、切る枝と切らない枝を選んでいきます。

  • 今年花がついた枝は切る→そこから新しい枝がでます
  • ことし花がついてない枝はきらない→来年その枝先に花がさきます

ひとまず、この2つを守っていれば来年も花が楽しめそう。
うちのはまだ株が若くてちいさいので、サクッと剪定できました。
もっと年数がたった大きな株の場合は、枯れ枝を除いたり古くなった枝を間引いたりしながら、形と大きさを保ちます。
ツユに濡れてきらきら光る紫陽花が大好きなので、長く育てていきたいなぁ。

ぼくの好きなYouTubeチャンネル

YouTube

風邪っぴきで家にこもっています。
こんにちは。矢野 in リビングです。
こんな日はひたすらにYouTubeを観て過ごすのですが、いや、風邪ひいてなくても観て過ごしてるんですが、だいたい見るのはお気に入りのチャンネルの動画ばかりです。
そんな僕の登録チャンネルリストの中から、特にこれは!というのを紹介したいと思います。

ホワイトベース 二宮祥平

2012年の動画。このころのがいっちゃん好き。

僕が動画をYouTubeにアップしはじめたのは、この人の影響が大きいです。
バイクも好きだし、ずっと観てたなぁ。
YouTube初めたての頃はしゃべり方も真似したりしてました。
ツーリングイベントで二宮さんが四国にきた時に、会いにいったことも。

MEGWIN TV

大好きな「悪魔の燻製講座」とのコラボ動画

いまでこそ、とんだ炎上野郎みたいになってますが、当時はよく観てました。メグウィンTV。
ピピピピオープニングもおしゃれだったし、なによりもYouTube上での動画配信業務を法人化したのが先進的だった。
そして法人化の際に出資したのは、あのタニタ!!
日本におけるYouTubeの歴史をつくった1人に数えて間違いないと思います。
ま、今は観んけどな!

てらみなとさん

尾道のスーパーおもしろおじさん!!

これはうちの様奥もいっしょになってハマりました。
水曜どうでしょう風の字幕や、ジェットダイスケさん風のカット編集もさることながら、ときどき垣間見える家族感がほんとに胸アツ。
尾道に旅行でいった時は、会えるんじゃないかと思って、必要以上にウロウロしてしまいました。

(有)木下庭園管理

振り返ると強面だけど、声はとびっきり優しい。

なぜか剪定に強くこころ惹かれます。
実際に、育ててる植木はこまめに剪定しています。
そんな時に参考にしてるのが、こちらの植木屋さんの動画。
実践だけでなく理論も交えながら、わかりやすく説明してくれています。

ザ・洋食屋 キチキチ

1回はお店にいってみたい!

京都にある洋食屋さんの動画。
僕がお店をやってた時に、オムライスをだそう!って心にきめたのはこの人の影響。
手際の良さにほんと憧れたなぁ。小気味よいトークにも注目です!

ジジイのキャンプ動画

このsotoの焚き火台を検索したのがはじまり

おっしゃれーな始まりから一転「ジジイです」ゆうた時に一発で好きになりましたね。
最近ぼくがアップロードする動画にキャンプ飯が多めなのは、確実にこの人の影響です。
どんだけ影響うけとんねん(笑)

in living

短編映画を観てる気分になる

そして現在進行形でどはまり中なのがインリビング。
チャンネル全体では家撮りが中心ですが、たまーにアップされる、ぶらり系の動画が本当に最高です。
りりかさん(動画にでてくる女の子)がおしゃれで可愛いのはもちろんなんだけど、風景の切り取り方や編集もかっこいい。
パーカーの黒をトランジション代わりにして場面転換するとこなんか、最高に好み。
バズってる分アンチコメントも多いんだけど、ほんとやめてあげてほしい。
ハッピーにいこうね◎

YouTubeという発明

どうでしたでしょうか。参考になりましたか?
僕の場合、ここ7•8年くらいはテレビよりYouTubeをみてる時間の方が多いような気がします。
ひとりで悶々と画面に向かってる時間は、いっけん不毛にも見えるんだけど、強く憧れたり、へぇーっと感心したり、ふむふむと勉強になったり、そうして心や頭に蓄積されたものが何かをやる時の原動力にもなったりします。
少なくとも僕の場合はそうです。
今回、なんとなくハマった順番で並べてみたんですが、僕の(黒?)歴史をみているようで、なんだかハートフルな気持ちになりました。
観るだけじゃなくて、僕も負けじと動画をアップロードしていきたいと思います。
がんばりたい。

ぼくの12ヶ月。今年を振り返ります。

Thank You

きょうは大晦日

いまこのブログを書いているのは、2018年12月31日。大晦日のお昼前です。
年があける前に今年を振り返っておかなきゃ!と思って慌ててこの記事を書き始めています。
そもそもこのブログ「Candela Magazine」がスタートしたのが、お店をやめたあとだったので、予備知識として僕がいままで何者だったのかを少し説明しておきますね。

今年の11月まで僕は、ろうそくと喫茶「西浦谷フラット」というお店をやっていました。
そのホームページがこちら。
https://nishiuradani.com/
そして、ろうそくと喫茶というからにはキャンドル作家としての活動もしていました。
名義は「サンキューキャンドル」
Facebookページ
このふたつを踏まえて、僕の今年ふりかえり。
いってみよーー!!

1月:新婚旅行

いきなりすごい私的なことからスタートで申し訳ありません。。笑
この時期は2月にお店のリニューアルが控えていて、1ヶ月ほど準備期間としてお店をお休みしていました。
自分の店をやっているとなかなかプライベートな旅行に行く機会がないので、新婚と呼ぶには少し時間が経ってしまっていたけど、ここぞとばかりに1週間ほどの旅行を敢行しました。
とはいえお金のない僕たち。行き帰りの長距離移動は夜行バス。宿泊先はゲストハウスのドミトリー。という新婚旅行感ゼロの旅!
しかも今フォルダをみかえしてみたら、僕は写真を1枚もとっていない。なんちゅう旦那だ!笑

でも、僕たちなりには楽しめました。
とくに印象的だったのは東京で宿泊したゲストハウス「toco.」
すごくオシャレで居心地がよくて、素敵な出会いもありました。
写真がないのでリンクをはっておきますね◎
https://backpackersjapan.co.jp/toco/

2月:西浦谷フラット、リニューアル!!

リニューアル画像
この頃から飲食メインに

そうか、お店のリニューアルも今年かぁ。ずいぶん前に感じます。
それまではキャンドルや雑貨の販売が割とメインで、喫茶はお茶とお菓子のみでした。
リニューアル後はランチをはじめて、営業形態がガラッと飲食よりに。
この頃に初めてうちの店の事を知ってくださった方も多いんじゃないでしょうか。

3月:親知らずぬく

またまた私的なことですみません!笑
たしか1月に上の親知らず2本。3月に下の親知らず2本で計4本ぜんぶ抜きました。
それまでずっと悩まされていた、顎関節症がだいぶ楽に。

4月:おしろのまちの市

お店をやるかたわらで、「サンキューキャンドル」としてのイベント出店もしてました。
おかげさまでたくさんのイベントに出させていただいたので、全部は書ききれないですが、その中でも特に出店回数が多かったのが「おしろのまちの市」
季節ごとに趣向をかえて開催されるのですが、ほぼ皆勤賞にちかい勢いで参加させていただいてました。
おしろのまちの「市」Facebookページ

5月:犬島で友人の結婚式

岡山県の犬島でカフェを営む友人が結婚式をあげました。
犬島はかつて銅の精錬で栄えた島。現在はその精錬所跡が美術館になっていて、アートの島として人気です。
そんな島全体が美術館という独特の景観の中で開催された手づくりの結婚式は、ほんとうに夢のような時間でした。
ほんとうに夢をみていたのか、またもや1枚も写真を撮っていない。笑
その友達のカフェのリンクを。
Ukicafe(ウキカフェ)

6月:子ども会でワークショップ

香川県内のとある子ども会さんからお声かけいただいて、小学生むけのワークショップをしました。
僕自身は子どもはいないんですが、やはり無邪気な笑顔には癒されます。
ワークショップではこんな事やってたよっていう参考動画。

お店やってたころのYouTubeチャンネル

7月:WordCamp Ogijima

僕は素人ながらにWordPressを使っていて、このブログもワードプレスで出来ています。
ワードプレスの良いところは、各地に地域コミュニティがあって気軽に勉強会などに参加できる所です。
その中でも僕にとっての一大イベントはやっぱりコレ!
ワードキャンプ男木島!

写真で見ると思い出がよみがえる

このイベントに僕は実行委員として参加させていただきました。
正直、かなり大変だったけど、それ以上に楽しかった◎
それまで、勉強会で会ってた人たちが、一気に「仲間」まで距離が縮まったような気がします。

8月:BBQに目覚める

塊肉!!

実は先ほど書いたワードキャンプ男木島の一環として、バーベキュー懇親会というのがありました。
僕はそこで肉を焼く係だったのですが、このバーベキューが楽しすぎた!
男木島のキャンプ場に100人以上があつまって、肉やお酒を楽しみながらワイワイ過ごしている。
そんな光景がすごく素敵で、もともと凝り性の僕はそれからBBQにハマることに。
8月はお店の常連さんを集めてバーベキューをやりました。

9月:島フェス

キャンドル作家としての一大イベントはやっぱりコレ!
毎年、小豆島で開催されている音楽フェス「shima fes SETOUCHI」でのキャンドルデコレーション。
今年で3回目のデコレーションとなりました。
昔から音楽が大好きな僕にとっては、ほんとに毎年たのしみなイベントです。
今年はスネオヘアーさんのブログにも僕のキャンドルが映っていて、嬉しかった!
スネオヘアー公式ブログ-shima fes SETOUCHI 2018-

お店しめちゃって以降はキャンドル作家としての活動もお休みしてますが、もしお呼びがかかるなら来年もでたいなぁと思っているイベントです。

10月:まんまるシェ

キャンドル作家として色んなイベントに出させていただいた僕ですが、「まんまるシェ」は特に愛着があります。
地元を大切にしたくて、あえて高松ではなく三木町にお店を出していた僕にとっては、おなじ三木町で開催される「まんまるシェ」は特別でした。
サンキューキャンドル名義での最後のイベント出店が、まんまるシェだったのも何かの縁かなぁ。
まんまるシェ Facebookページ

11月:西浦谷フラット閉店

僕にとっての今年のハイライトは、良くも悪くもここに尽きます。
閉店の詳しい理由を知りたい方は、こちらのブログ記事を。

赤裸々。。

閉店自体は寂しくって残念な事なんですが、不思議と僕の中ではすごく良い思い出として残っています。
最後の数週間は、常連さんも初めましての方も、ほんとにたくさんの人が惜しむようにお店に来てくれました。
あきらかに経験不足の僕たちが手探りで作ってきたお店だったけど、こうして好きでいてくれる人がいるんだなぁ、という事を実感。
またいつかお店をやりたい!という気持ちが満タンになりました◎

12月:ブログとYouTubeが本格始動

お店をやめたら始めようと、いそいそと準備してきたブログとYouTubeチャンネルを、12月から本格的に始動しました。
ブログは何をかくそう、今あなたが読んでくれているこのブログです。
YouTubeでは料理動画を中心にアップしています。興味がある方は是非チャンネル登録してください◎
僕のブログ -Candela Magazine-
僕のYouTube -カンデラキッチン-

来年は写真をとろう

いかがでしたでしょうか、僕の12ヶ月。
こうして振り返ってみると、キラキラした思い出がこんなにたくさんあるのに、写真が少なすぎる!
自分の写真をとる習慣のなさにビックリしました。笑
来年はみなさんに楽しくブログを読んでもらうためにも、もう少し写真をとるクセをつけようと思いました。
おしまい。

それではみなさん、良いお年をー!