ポップアップストアを終えて その1

ご来場ありがとうございました

すっかり日常にもどっています。こんにちは、ジュンヤです。
キャンドルをつくったり、YouTubeを配信したり、ブログを書いたり、あれこれやっている僕ですが、普段はとある会社に勤めていて、きょうも夜勤あけにこの記事を書いています。
1月9日から14日の6日間に開催した、ハンドメイドキャンドルの販売会。
おかげさまで、無事に終えることができました。
ご来場いただいた皆様、そして会場には来れなかったけどSNSなどを通じて気にしてくださってた方、ありがとうございます。
今回やってみて思ったこと、感じたこと。上手くいったこと、失敗したことなどなどを文章にまとめておこうと思います。
特に写真を載せるわけでもないし、自分の備忘録もかねてすごく長文になってしまいそうです。
何日かに分けて更新していくので、興味のある方はどうぞ。
あ、ちなみに写真はminamoの國廣さんにお願いしたので、届き次第アップしますね。

※追記
写真が届いたのでギャラリーページにアップしました。

開催の経緯

2012年に僕がキャンドルを作り始めてから今まで、実のところ「個展」的なものは、あえて避けてきました。
というのも、僕は「作家」としてみられるのに抵抗があったからです。
学生時代にプロダクトデザインを学んでいたこともあり、キャンドルを作る時も、あくまでも作品ではなく「商品」をつくっているという意識がありました。
ただでさえ日本では馴染みの薄いであろうキャンドルという物に、アート性をもたせて敷居を高くしたくなかったんですね。雑貨的な、身近な物にしたかった。
なので個展を開くのではなく、自分のお店で販売をしたり、イベント出店をしたりを中心に活動してきました。

ではなぜ今回ポップアップを開催したかというと、まぁ、やりたくなった、というのに尽きます。
自分のお店(西浦谷フラット)を閉じてからは、1年ぐらいキャンドル作り自体おやすみしてたので、なんか久しぶりにモリモリ作りたいなって気持ちが湧いてきました。
あとは、以前にくらべると出店できるイベントが少なくなった気がします。
実際にイベントが少なくなったのか、僕のアンテナがにぶくなったのかは分かんないですが、数年前の「あっちでもこっちでもマルシェ」な状態は落ち着いてきたんじゃないかな、と思います。
それと、ポップアップストアという言葉がだいぶと定着してきて、「個展」って言わなくて良くなったこと。友人がギャラリーを営んでいること。
そのあたりのアレコレが重なって、よし、自分企画でいこう!となりました。

続きは次回

あぁ、やっぱりすでに長文になっている。
夜勤明けでええかげん眠くなってきなので、結論だけ先に言っときます。

「やってよかった!」

純粋にうれしい!たのしい!大好き!が4割と、おもてたんとちゃうかった!もっとこうしたい!が6割くらい。両方ふくめての「やってよかった!」です。
次回は前者の方に触れていきましょう。
じゃーまにー。おやすみなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA