休日はヒョイっと男木島へ。

瀬戸内の島で勉強会

このあいだの週末にお目当のイベントがあったので、瀬戸内海にうかぶ島、男木島(おぎじま)に行ってきました。
ちなみにそのイベントはこちら。
【男木島】Ogijima WordPress Meetup vol.3 【年末スペシャル】
WordPressという、ブログやホームページをつくるシステムの勉強会。
このブログも実はワードプレスで出来ています。
男木島に詳しい人たちが何人か住んでいて、定期的に開かれている勉強会。
島といっても高松からアクセスが良いので、ヒョイっと気軽に行ってきました。
そんな1日を綴りたいと思います。

まずは電車にとびのります

普段は自転車や車移動が多いけど、今日はめずらしく電車移動です。
香川のローカル鉄道「ことでん」に乗ります。

ことでん長尾線
時間ギリギリだったけど、なんとか写真とれた

ことでんは100年以上の歴史がある私鉄で、なんだかレトロな雰囲気。
休日のショートトリップ。旅情をかきたててくれます。
冬場にイスがあったかくなるところも、僕的には気に入ってます。

駅に着いたらすぐ港

さてコトコトことでんに揺られて、上り電車の終点「高松築港駅」に着きました。

高松築港駅
割と新しい駅舎

そこから、てくてくと歩く事2分くらい。

てくてく歩く
北へむかって歩きます

すぐにフェリー乗り場へ到着します。

フェリー乗り場
ちなみに男木島行きチケット売り場は建物の裏側

ここが高松のすごいところで、JRだったら「高松駅」ことでんだったら「高松築港駅」
主要駅のすぐ近くに港があります。
なので、地元の人はもちろん、観光客の方も割と気軽に島へアクセスできます。
来年は瀬戸内国際芸術祭もあるよ!

赤いフェリーで40分

男木島行きのフェリーは約2時間に1本。
チケットを買って待っていると、赤い船体が目印のフェリー「めおん」がやってきました。

めおん
左に写ってるのは小豆島行きの“オリーブライン”

めおんは割とちいさめのフェリーなので、徒歩の人も車とおなじ所から乗り込みます。
グイーンとフラップが開くので、そこからてくてく乗船。
高松港での停泊は20分弱くらい。
乗り込んでしばらくすると、ごごごごごっとエンジンの音がして出航します。

出航
しゅっこーう!

島と島の間をぬってズンズン進みます。
それぞれのフェリー会社ごとにテーマソングがあって、出航の時に流れるのも楽しい。
いい天気だなぁ、なんて景色を楽しんでいると、まずは女木島に到着。

女木島到着
女木島は桃太郎伝説の鬼ヶ島っていわれてます

このフェリーは、高松港→女木島→男木島、男木島→女木島→高松港、という感じで、ひとつのフェリーで3つの港を結びます。
だから名前も雌(女木)と雄(男木)で「めおん」なんですね。
島がたくさんある瀬戸内海ならではのスタイル。
男木島行きの人は間違えておりないで!
もう一回出港して、さらに20分。男木島を目指します。

男木島に到着。図書館へ。

さてさて高松港をでてから40分弱。
お目当ての男木島が見えてきました。

男木島
左に見切れてるのは先代めおん。今も現役で繁忙期には登場します。

ぽっかり浮かぶ島の斜面に、みっちりと家が建っています。
なんど見ても、すごいなーと思う景色。
当時の大工さん大変だったろうなーって。

さぁ、船をおりたので今回のイベントの会場になっている男木島図書館を目指します。

男木島の路地
手積みの石垣がすごい!

細い路地をてくてくと歩きます。
ちなみに男木島は、ほとんどが路地なので観光客の方は車で来ない方がいいですよー。
一度イベントで必要だったので車を乗り入れた事があるんですが、超絶な運転テクニックを強いられました。笑
見どころはギュッとまとまってるので、てくてく歩いて回りましょう。
男木島灯台だけは少し距離があるので、動きやすい靴と服装で。
ヒールとか履いてくると痛い目に会います。。

はい、そんな風におしゃべりしてたら着きました。
今回の目的地「男木島図書館」

先客の方の靴がお行儀よくならんでます

男木島図書館は私設の図書館。
古民家をリノベーションした空間はとても居心地がいいです。
普通の図書館とちがって、わいわいおしゃべりをしてもおこられないので、島民と観光客の方をつなぐ、コミュニケーションの場にもなっています。
みなさんそれぞれに、本を読んだり、お茶(図書館で注文できる)したり、庭で日向ぼっこしたり、思いおもいに過ごします。
そんな場所で、今日はWordPressの勉強会。

なんともゆるい写真

今回は年末と言う事で忘年会も兼ねて、みんなで一品ずつ持ち寄りました。
完全に年末の親戚状態です。
ITの勉強会なのにほとんどパソコン開かず。。笑
わいわい楽しく今年の振り返りや情報交換をしました。

楽しい時間はあっという間。お昼のフェリーで来たのにいつの間にか最終便の時間です。

男木島の夕日
男木の夕日は綺麗だ

慣れた感じでフェリーに乗り込みます。(内心、乗り遅れないか心配しながら)
無事に乗れたので夕焼けをパシャり。
寒い日でしたが船内は暖かくてウトウト。
気づいたら高松港でした。
あぁ、いい1日だった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA