映画あんのようにうまくはいかぬ

年末になると妻の実家で餅つきがあります。例年は餅まるめ要因として馳せ参じていたのですが、今年はなんと、あん餅用のあんこを炊くという大役を仰せつかりました。香川県民にとって、あん餅は雑煮に入れるほどの好物。失敗は許されないわけですが、そこは私、映画「あん」を観て予てよりあんこ炊きには憧れておりましたから、イメージトレーニングは出来ております。はいはい、いいですよ。と安請け合いをし、一升瓶に入った小豆と、スプーン印の上白糖を、ででんと預かってまいりました。

参考にさせて頂いたのは、【きょうの料理】土井善晴さんのおはぎのレシピ。さすがは土井先生。さすがは天下のNHK。あんこの炊き方から、丁寧に書かれてあります。分量をみると、小豆と砂糖は1:1の比率になっている模様。預かってきた砂糖が1kgの袋でしたから、小豆も1kg使う事にします。年に一度の餅つき。少ないよりかは多い方がいいでしょう。ひとまず、豆が柔らかくなるまで、コトコト煮ていきます。

煮る前の小豆
煮た後のあずき

き・い・て・な・い

そんないけずな土井先生。。聞いてないですよNHKさん。煮た後の小豆が水を吸ってこんなにも膨らむなんて。ここに1kgの砂糖が加わって、爆量のあんこが出来上がりました。

フレームからはみ出るあんこ

まぁ初年度なので良しとしましょう。これから年末の恒例イベントとなりそうなので、来年までに大型アップデートしておきます。

木のもろぶたが渋すぎる

あぁ、今年もおわるなぁ。

旅先に自転車を持って行くと、便利で楽しい。

自転車で旅をする事に憧れはあるのだけれど、体力的にも時間的にも、そこまでの余裕はない。だったらせめて、旅先で自転車に乗りたいな。できればレンタサイクルではなくて、乗り慣れた自分の愛車に。そう思い立ったので、一泊二日の高知旅行に、自転車を持って行ってみました。

今回、高知までは車での移動。スポーツ系の自転車であれば、前後輪を外してしまえば意外と小さくなります。軽自動車の荷室に、僕と妻の分、自転車2台をなんとか詰め込んで、いざ出発。

なかなかコンパクトな姿に
ラパンの荷室にギュギュッと

1日目は温泉や美味しい食事を満喫して、2日目を自転車でのカフェ巡りにあてる事に。と、いうわけで二日目の朝。いそいそと自転車を組み立てます。

ちょっと苦戦しつつも復元成功

モーニングは「メフィストフェレス」ランチに「アジア食堂 歩屋」そしてティータイムに「terzo tempo」と、3軒の喫茶やカフェをめぐりました。10km圏内くらいで、のんびりサイクリングするにはちょうど良い距離。

車で見知らぬ土地、特に交通量の多い市街地を走るのは、けっこう気をつかいます。市街地から郊外、また市街地へと移動を繰り返していると、駐車場代も何度も払わないといけません。かさみがちな出費やストレスも、自転車なら無縁です。そして、なにより見知らぬ土地を自転車で走るのは楽しい◎

お得な駐車場さがして車は停めっぱなしでOK
車じゃ絶対とおらない道も自転車なら選べる

適度な運動の心地よい疲れを感じながら、また自転車を車に積んで帰路につく。これは良い楽しみ方を見つけました。次は鉄道や飛行機を使った輪行にも挑戦したいな。もっと遠くへ。そんな思いが、ふつふつと湧いてくるのでした。

三木の家:古道具屋さんにきてもらう 編

ひょんな事から譲り受けることになった、築60年あまりの三木の家。少しずつですが片付け作業を進めています。25年くらい前までは、散髪屋さんの店舗兼住居として使われていたので、当時の物がたくさん残っています。
タイムスリップしたようなその空間に残された、たくさんの物からは、職人としての丁寧な仕事や、元家主のハイカラな暮らしがうかがえます。あれもこれも魅力的で、おーとかあーとか、感嘆の声をあげながら片付けをしています。

捨ててしまうのは忍びないけれど、いかんせん物量が多くて自分の手には負えません。そこで、知り合いの古道具屋さんに引き取りに来てもらうことにしました。
やはりプロの仕事は速い!パパッと目利きをしつつ、どんどん物を掘り出してきます。ものの2時間くらいで、家の前がさながら青空市のような光景に。どういうふうに商品化するのか聞いてみると、お店や市場に出すほかに、輸出するものもあるそう。古いミシンや天然砥石は、また現役で使われるんだとか。ほえーっ。巡りめぐって必要なところに行くんですね。

さぁ、だいぶ片付いた。とはいえ、まだ10分の1くらい?
つづく。