輪行を覚えると世界が広がる

あっついですねー。みなさんいかがお過ごしでしょうか。こちらは何やかんやと日々ごきげんに暮らしています。

特に自転車への熱は冷める気配もなく、キャリアを付けたり、リフレクターをつけたり、愛車を少しずつカスタムして楽しんでいます。

その中でもこれは買って良かったなぁ、と思うアイテムが「輪行袋」。自転車を分解して仕舞うための袋です。これに入れさえすれば、電車にだって飛行機にだって自転車を積めちゃう、魔法の袋。妻とお揃いで、モンベルの物を購入しました。

やっぱこのロゴ好き

なにが素晴らしいって、その気になればどこにだっていけちゃうところ。今までは自転車で遠出をする際には、帰りの事を考えて早めに折り返していました。だけど電車で帰れるとなると、体力と時間がゆるす限り遠くまで自転車を漕いでいけます。美味しいかき氷を食べるためだけに、自転車で50km以上走っていくなんて遊びもできちゃう。

いままで走った事のない場所まで行けるので、新しい景色も見れます。写真は、三豊で見つけた夏休み感のある坂道。

石垣がかっこいい

心ゆくまで走ったら、帰りは電車におまかせ。

すごいぞ輪行袋!!電車で目的地まで行って自転車で散策するのも楽しいし、飛行機を使えば北海道へだって沖縄へだって、自転車を運べちゃう。いつかは海外を自転車で旅してみたい。。

自転車にまつわる妄想は尽きないのでした。

単速主義の100kmライド

遅ればせながら明けましておめでとうございます。さてさて新年あけてすぐ、1月2日の事。年末年始、あちらこちらでご馳走をいただいて、鈍った身体をどうにかしないといけないなあと思っていたところ。おぼろげながらに浮かんできたんです。100という数字が。

というわけで行ってみましょう。思いつきの100kmライド。決めたのは100kmという数字だけ。他はノープランです。真夏に行ったロングライドの時は東讃を攻めましたから、今度は西に向かう事とします。

Burlington Bicycle 700c 1S

シングルスピードにコースターブレーキ。圧倒的にロングライドに向いてなさそうな、この自転車が今回の相棒です。それと15年選手の赤いリュック。写真でみると自転車のチェーンがたるんでますね。これが後々ぼくを苦しめる事になります。そんな事だとは露知らず、ごきげんに出発です。午前8時30分。

欄干の影に残る霜
鬼無〜国分寺 池と線路
ジュリーかと思いきやジュノー

パンクや故障に対する備えは全然していないので、なるべく線路沿いを走ります。いざとなったら電車で帰ったらいいやと。鼻歌まじりで寄り道しながら進みます。車で何度も通った事のある道でも、自転車だと景色が違って見えるから不思議。かっこいい看板の喫茶店が開いていたので、立ち寄ってモーニングを食べました。午前9時55分。走行距離16km。

15mmのスパナさえあれば

チェーンが弛んでいたのが災いして、ここで1度目のチェーン落ち。チェーンをかけ直せばすぐに走り出せるのですが、結果として今回のライドで3回チェーンが外れました。やはり最低限の工具は持っていかないといけないなぁと痛感。

おなじみのココ

僕の場合、ライドとサウナはセットです。仕事帰りにも時々たちよる四国健康村へ。今年のサウナ初めになりました。ここは大衆演劇の劇場があるので、館内は観劇目的のマダムたちで賑わっています。浴室はそこまで混んでなくて、ゆっくりできました。正午。走行距離35km。

通りがかった中華屋さんで昼飯
今回のハイライト

丸亀あたりまで走ったところで折り返し、帰りに綾川(地名じゃなくて川の方)の河原で休憩。ご自慢のキャンプ道具を取り出して、コーヒータイムとします。年末に炊いたあんこを、おはぎに仕立てて持ってきていました。程よい疲れと河原の景色も相まって、思わず声のでる美味さ。午後4時15分。走行距離58km。だいぶと陽がかげってきました。

脇道でみつけた醤油蔵
すっかり夜

サンポートまで帰ってきたところで、トラッキング用のアプリを見ると、まだ走行距離75km。ここからが大変だった。100km走ると決めて出発した手前、このまま帰るわけにはいきません。あっちへこっちへ、無意味な遠回りを繰り返し、自宅まで10km弱の道のりを25kmに引き伸ばしました。という訳でなんとか100km達成です。午後8時。

ビールが美味い

今回の学び。とりあえず、1日に100km走れる事は分かった。あとプランと工具は大事。道がほぼほぼ平坦だったためか、翌日も翌々日も筋肉痛はなし。なんだかシングルスピードで何処までも行けるような気がしてきました。お正月の思い出ができて良かった。

映画あんのようにうまくはいかぬ

年末になると妻の実家で餅つきがあります。例年は餅まるめ要因として馳せ参じていたのですが、今年はなんと、あん餅用のあんこを炊くという大役を仰せつかりました。香川県民にとって、あん餅は雑煮に入れるほどの好物。失敗は許されないわけですが、そこは私、映画「あん」を観て予てよりあんこ炊きには憧れておりましたから、イメージトレーニングは出来ております。はいはい、いいですよ。と安請け合いをし、一升瓶に入った小豆と、スプーン印の上白糖を、ででんと預かってまいりました。

参考にさせて頂いたのは、【きょうの料理】土井善晴さんのおはぎのレシピ。さすがは土井先生。さすがは天下のNHK。あんこの炊き方から、丁寧に書かれてあります。分量をみると、小豆と砂糖は1:1の比率になっている模様。預かってきた砂糖が1kgの袋でしたから、小豆も1kg使う事にします。年に一度の餅つき。少ないよりかは多い方がいいでしょう。ひとまず、豆が柔らかくなるまで、コトコト煮ていきます。

煮る前の小豆
煮た後のあずき

き・い・て・な・い

そんないけずな土井先生。。聞いてないですよNHKさん。煮た後の小豆が水を吸ってこんなにも膨らむなんて。ここに1kgの砂糖が加わって、爆量のあんこが出来上がりました。

フレームからはみ出るあんこ

まぁ初年度なので良しとしましょう。これから年末の恒例イベントとなりそうなので、来年までに大型アップデートしておきます。

木のもろぶたが渋すぎる

あぁ、今年もおわるなぁ。