旅先に自転車を持って行くと、便利で楽しい。

自転車で旅をする事に憧れはあるのだけれど、体力的にも時間的にも、そこまでの余裕はない。だったらせめて、旅先で自転車に乗りたいな。できればレンタサイクルではなくて、乗り慣れた自分の愛車に。そう思い立ったので、一泊二日の高知旅行に、自転車を持って行ってみました。

今回、高知までは車での移動。スポーツ系の自転車であれば、前後輪を外してしまえば意外と小さくなります。軽自動車の荷室に、僕と妻の分、自転車2台をなんとか詰め込んで、いざ出発。

なかなかコンパクトな姿に
ラパンの荷室にギュギュッと

1日目は温泉や美味しい食事を満喫して、2日目を自転車でのカフェ巡りにあてる事に。と、いうわけで二日目の朝。いそいそと自転車を組み立てます。

ちょっと苦戦しつつも復元成功

モーニングは「メフィストフェレス」ランチに「アジア食堂 歩屋」そしてティータイムに「terzo tempo」と、3軒の喫茶やカフェをめぐりました。10km圏内くらいで、のんびりサイクリングするにはちょうど良い距離。

車で見知らぬ土地、特に交通量の多い市街地を走るのは、けっこう気をつかいます。市街地から郊外、また市街地へと移動を繰り返していると、駐車場代も何度も払わないといけません。かさみがちな出費やストレスも、自転車なら無縁です。そして、なにより見知らぬ土地を自転車で走るのは楽しい◎

お得な駐車場さがして車は停めっぱなしでOK
車じゃ絶対とおらない道も自転車なら選べる

適度な運動の心地よい疲れを感じながら、また自転車を車に積んで帰路につく。これは良い楽しみ方を見つけました。次は鉄道や飛行機を使った輪行にも挑戦したいな。もっと遠くへ。そんな思いが、ふつふつと湧いてくるのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA